2019年09月19日

Setembro

9月は何気にいろいろなところで!
秋風を感じるこの頃、優しいボサノヴァをぜひ。
純さんと楽しく歌ってきまーす。

★2019年9月25日(水)
OPEN 18:00 START19:40〜,21:20〜より60分×2set
横浜日吉 Wonder Wall Yokohama
Tel: 045-595-9967
http://wonderwall-yokohama.jp/
才木 美紀子(Vo,pf)
木村 純(g)

どうぞ、ご予約がおトクになります。
よろしくお願いいたします。

IMG_6127.JPG IMG_6128.JPG

先日はsoftwindさんにてお昼間の弾き語りでした。
いらしてくださったみなさま、本当にありがとうございました。

今回は、セルジオさんが、あの時なつかしそうに、うれしそうに聴いていたJoao Donatoの曲などなど初めてやってみました。ずっと前からわたしも好きでやりたかったのだけれど、そのままにしていて、こういうのってタイミングですね、セルジオさんのあの表情がきっかけに。
歌ってみたらほんとうに良い曲でした。コードの運びもきれいで。
喜んでくださるかな。。。

今回もみなさまに暖かく見守っていただき、一曲一曲お話しながら、楽しいひと時でした。
softwindはかわいいおいしいドリンクがいぱいあって、だからか最近では男性の方もお酒よりもあえてチョイスされるそうですよ。。わたしもまだまだタピオカブーム続行中です。でもタピオカ黒糖ミルクティーのカロリーが缶ビール5本分だって聞いて、、、多大なショックを受けてしまい、、、、ちょびちょび飲んでいます。。。ひどい。。おいしいものって罪ですね。でも大好きです。

softwindさん、次回は12/14(土)の14時からお昼間の弾き語りです。
もうクリスマス・ソング、、、かな。早いなぁ
みなさまぜひいらしてくださいませ。

IMG_6077.jpg IMG_6121.jpg IMG_6114.jpg 

IMG_6117.jpg IMG_6118.jpg IMG_6075.jpg

そしてそして、今年もよんでいただきました。大好きなサンタ・バルカ号に乗って、横浜港クルージング・ライブ。
天候にめぐまれ、みなさんのお人柄にめぐまれ、楽しく気持ちよく歌ってきました。
主催の方々、船長、お客様、そして共演のみなさま、ほんとうにありがとうこざいました!!
わたしもいつになく⁈はしゃいでTristeza、行き交う船にも手を振って。
陽気に踊って、でも演奏もしっかり聴いてくださって、みなさんほんとうに素敵な方々、良い風が吹いていました。ありがとう!!

posted by みい at 14:48| つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月10日

2019年の夏

IMG_6070.JPG IMG_6068.JPG IMG_6067.JPG IMG_6069.JPG IMG_6071.JPG IMG_6073.JPG

先日はアルバム「Nostalgia」発売記念ライブ、無事終了いたしました。
たくさんのお客様にいらしていただき、ほんとうにありがとうございました!!
もうずいぶん前からご予定置きくださったり、暑い中遠方からお越しいただいた方もいらっしゃったり、心から感謝しています。
そしてそして、ボサノヴァ・レジェンド。。セルジオ・アウグストさんにゲストで出演していただき素晴らしい演奏も、、、思い出すと胸がいっぱいになります。みなさま本当にありがとうございました。

セルジオさんとはまた一緒にレコーディングをしたり、皆で浴衣を着てパーティしたり、(セルジオさんとっても似合ってた!)今年は大阪Chove Chuvaさんにも行けてとても楽しく過ごしました。
昨年からいろいろ準備してきたことが無事終了しホッとしたのと、いざお別れの時には想いあふれてポロリ。。。
あつい夏が終わりました。
ありがとうこざいました。
セルジオさんと一緒に過ごせて、そのお人柄や佇まい、そして素晴らしい演奏に触れられて、とても幸せな時間でした。

「Bossa Nova Historia som & imagem」
10年以上前に友人が焼いてくれたCD-Rを後生大事に聴き続けてきたわたしのバイブル、セルジオさんを知ったのはこのアルバムからでした。
ProdutorはLula Freire。Dick Farney、Johnny Alf、Joao Donatoを始めDurval Ferreira、Chico Feitosa、Walter Santos、セルジオさんは一人一人、親友だと話してくれました。CandinhoやPingarilho、、曲がかかるたびすぐに誰の演奏だかわかり、懐かしそうにうなづき一緒に歌っていました。そして、みんな今はもう会えなくなってしまいさびしいんだと、涙ぐんでいました。

わたしはこのアルバムの、この時代の純粋なボサノヴァが大好きです。この空気感、セルジオさんはまさに生き証人なのです。
出会えたことにただただ感謝しかないです。一緒に演奏できたなんて、考えるとまだ夢のようです。
セルジオさんに、そしてこのボサノヴァに対して愛とリスペクトを込めて、このボサノヴァを追いかけて、これからも歌っていきます。

posted by みい at 15:27| つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする