2021年02月02日

ピアノの前にて。

家にいることが多くなると、日々年月がますます早く感じるものです。
緊急事態宣言が出されてから、いつものスタジオに行くことが難しくなったので、わたしのチャンネル、部屋だとボーカルマイクが使えないのでそれならばと、以前からずっとやりたかったジョビンの曲をピアノソロでやることに挑戦してみてます。
弾くたびに、クラシックをやっているような感覚になります。
ジョビンってやっぱり、クラシックの影響がすごくあったんだな、、、わたしもだから好きなのかなあと思ったり。

わたしはもともと歌を歌いたい、と思っていたわけではなく、ピアノで何を弾くかということしか考えていなかったので、、曲を選んだりすることが好きで。その流れでボサノヴァに出会って、ああこれは、歌ってみたいかも、、、とたまたま思って今に至るわけで、、、。

ボサノヴァは歌詞も素晴らしい世界だし、ポルトガル語の韻をふむ音も歌うときれいに表現できる。
ポルトガル語がわからなければ、その曲がどういう内容なのかは知ることが出来ないのは当然だけれど、
メロディだけで感じとることが出来る雰囲気・・・ってある。
わたしはこの雰囲気こそが最大の魅力で、やっぱりいちばん大切なことと思っていて、
時に言葉は、歌はそれを思わぬ方向に変えてしまったりすることがある気がして。
言葉に縛られてしまったり、曲よりもそれを語る人の主張が入り込んで、なんか別のものになってしまう感じがしていて。
音楽を表現するって、その曲が語るもので、演奏者はその空気を出すということなのかなって思ったり。。。
歌わないでピアノだけを弾いていると、曲の、そういうことに少しずつ近づく訓練になる気がしています。


タダリンとのDUOも、これから改良を重ねて少しずつ、良い曲をお届け出来たらいいな♪ぜひ。



posted by みい at 10:54| つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月11日

新春の光

2021年明けまして・・・と思ったら緊急事態宣言発令で、毎日感染者数にびっくりしつつ、いろんな友人・知人から、お店が閉店になったり休業になったり、予定していたライブが全部なくなったり、、、そんな連絡が入り胸が痛む毎日です。
かといって、フジコさんがつい最近まで全国ツアーとかしていたのもすごく心配だったり、ライブのお仕事継続されてる先輩方も、、、みんなどうか元気でいてほしい毎日です。
わたしもステイホームで、じっと待つ・・・だけじゃなく、やっぱり演奏しているのが自分は調子が良いので、どんなときも、音楽だけは救いだと思っています。


ところで新春はいつも何かしらの福袋を買うことにしているのですが
今年は愛用しているニールズヤード・レメディースのものと、OBSCURA COFFEEの福袋を予約しておいてGET。
なかなか充実のものが入っていて大満足。昔はよくあまりものみたいなのがごちゃまぜに入っていてがっかりしたものでしたが、最近はやっぱり競争が激しいだけある!ほかにも欲しかったお店の福袋は元旦既に売り切れで、みんなすごいんだなー、、負けました・・・。
そんなわけで、年が明けてすぐ風邪っぽくなってしまったのですが、この時期こわいのですぐに治さなきゃ!!とあせって冷えとり完備しつつ、あ!と、ニールズヤードの福袋の中にマヌカハニーが入っていたのを思い出し、これがやっぱりすごく効きました。ホットミルクに小さじ一杯とちょっぴり生姜をしぼって眠る前に飲んだらぽっかぽか、おいしいですよ♪


いつも動画はお気に入りのスタジオがあって、そこに撮りに行ってたのですが
今回はお部屋でピアノだけを。すごくお天気が良い日で、光にうもれてスマホで撮ってみました。
「Eu não existo sem você
あなたがいないと生きられない」
という曲です。ジョビン&ヴィニシウス
みなさん、どうぞ暖かくして、元気で生きていきましょう♪


posted by みい at 14:21| つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月31日

2020年の香り

DSC00665.jpg

2020年はほんとうに、お疲れ様でした。
今年は今まで以上にあっという間に年末になった気がします。
わたしはほとんどを家で過ごしていたのですが、そんな中で3つ、資格を取得しました♪

11月 アロマテラピー検定1級
7月  環境カオリスタ
3月  ナチュラルビューティ・スタイリスト

時間はたっぷりあるし、なんとなく予定を立てて、アロマテラピーのこと、環境問題、エコライフのこと、そして美容のこと、植物のこと、ゆっくり楽しみながら、、、。
昨年までは、なんとなく自分で自分を忙しくしていたので、こういう状況になって環境的に余白が出来て、心にもゆとりが持てるようになれた気がします。
香りって、心に響きます。
嗅覚は記憶を呼び起こします。
そういう部分は音楽とも共通していて、触れるとなつかしさがこみあげてきたり、心に訴えかけてくるものがありますネ。

いろいろなものが変わっていき、わたしの心境もだいぶ変化しました。
いつかこの一年のことを、香りに触れて思い出す時は、どんな気持ちになるんだろう。。。


穏やかに良いお年をお迎えくださいませ。
posted by みい at 11:40| つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月25日

Feliz Natal

バッハ 主よ、人の望みの喜びよ
わたしの中では、クリスマスといえばこの曲が脳内流れます。
先日、KAWAI PIANOの最高峰シゲル・カワイの中のSK-6を弾く機会があったので、クリスマスだし密かに、亡くなったセルジオ・アウグストにもらったブレスレットをつけ、祈りを込めてこの曲を弾きました。

シゲルカワイはショパン・コンクールなどでも人気のあるピアノで、試弾を申し込んでいたのでした。
時間制限があり30分しか弾けなかったのですが、せっかくの機会なので、三脚を立てて動画を撮影しました。

ドキドキしながらも無事撮り終え、ほっとしてブレスレットを外そうとした瞬間、、、パーンと切れてビーズが四方八方にはじけ飛んで、、、、。

切れるって縁起悪いし、壊れちゃったのだけど、わたしは、セルジオがここにいたことを示してくれたように感じました。
優しかったセルジオ。
お茶目でいつも目を輝かせていた。

思うのは自由ですよネ。

Feliz Natal

posted by みい at 10:17| つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月16日

あたらしいリズム。

早いものでもう12月も半ばを過ぎ・・・
今年は特に、一年が過ぎるのが早く感じました。
ステイホームになってから、特にライブが出来ないから始めたというわけでもなく、自分の日々の記録として、今までやってきたことを残しておこうとYouubeを撮っていきました。
今までは、やっぱりライブで、生演奏で出来ること、その場の空気を作ることをというか、、、自分なりのこだわりがあったので、Youtubeをすすめられることはたくさんあったのですが、あえてやらなかったんです。
でも、家にいることが多くなって気持ちが落ちていくこともあったり、動けなかったりして。それでもやっぱり演奏はしていきたいという思いがあって、ある日こんなスタジオがあるよと教えてもらったことを機に、少しずつ新しい生活形態の中に撮影していくことを取り込んでいったら、3ヶ月たって気づいたら・・・心身とても調子が良いのです。たんたんと。そういうリズムが出来てきたというか。
いろいろ声をかけていただけたり、ライブではないけれどこんな時すごく励みになって、好きな曲を集めて、やっぱりどんな形でも演奏できるって幸せだなって思います。
なにより、セルジオがいつも喜んでくれたことを思い出して、続けていこうと思います。

これはクリスマスソングではないのですが、いつもこの時期歌いたくなる曲です。ぜひ♪


posted by みい at 10:49| つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月02日

夜の終わり

今年もいよいよ残り一か月。
セルジオのことは今も実感がゆかないですが
時はどんどん過ぎてゆきますね。

彼が一緒にやろうと動画と一緒に残してくれた曲があって
セルジオらしいとてもいい曲。
ブラジルでレコーディングしようとしていたアルバムのタイトルは
Romanceだったそうで、ほんとうに彼らしい。。
それにとりかかろうと思うけれど、みていると歌えなくなってしまいます。
もう少し時間が必要。

わたしの動画は、あげるといつも喜んでくれたので、がんばっています。
Chico FeitosaのFim de noite〜夜の終わり〜
という曲。
「この夜が終われば僕たちの手は離れ、決してもう会うことはない、、、」

Chico Fitosaはセルジオが親友だったと言ってた。
今頃そちらの世界で再会できたかな。
二人で一緒にみててくれたらいいな、と思って歌いました。ぜひ♪


posted by みい at 10:11| つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月10日

サウダージが…


「 川のそばに小さな小屋を建てて、愛する人と一緒に住んでいた。
  寒い夜は、ハンモックの中で抱き寄せあたためてくれた
  
  だけども今、ああ神様、行こうと思う。
  去っていく、そして戻ってくるかはわからない

  ただ寒い夜は、あの時のなつかしさが
  今の自分の空っぽの胸の中に広がっていく

  サウダージが心を苦しめる
  サウダージは刺すような痛みだね
  あの日々の思い出が、心を殺してしまうんだ 」


これは A Saudade mata a genteという曲。(Joao de Barro/Antonio Almeida)
邦題は、思い出に苦しめられて。

去年、Sergio Augustoとのライブの時Duetで歌いました。
昔から大切にしてきた曲、セルジオから、ミキコが好きだと思って、これを歌おうよと言ってくれてとても嬉しかった。

セルジオに会いたい。
Saudade mata a gente…
今も思い出すと涙で胸がしめつけられるけど
この曲を歌うと、今も彼がそばにいてくれる気がします。


Querido Sergio Augusto
Descanse em paz
Com carinho…


posted by みい at 16:03| つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月09日

たんたんと。

朝起きたらまず窓を開けて日光をあびるのですが、
最近は風が秋色・・日差しは強いけど、もう秋なんだな。。。と感じます。
思えば春の自粛期間からずいぶん会いたい人に会えていなくて
このままどんどん今年も過ぎて行ってしまうようで、、、、
いろいろ今までしてきたことが通用しなくなり変わっていって、、、
そんな中、でもわたしはたんたんと、弾き語りとピアノを弾いていこうと思います。


ボサノヴァ・スタンダードって、たくさんあるけれど、中でも好きな曲
「Manha de Carnaval〜黒いオルフェ/カーニバルの朝〜」
ぜひどうぞ。

posted by みい at 13:12| つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月01日

チャンネル製作

みなさんこんにちは。
少し・・・だいぶこちらお休みしちゃっていました。
わたしは元気です。

2020年の夏も終わりましたね。
終わりといえば、としまえん。
8/31で94年間続いたとしまえんが閉園してしまいました。。
わたしは小学生の頃家族で行ってとても楽しかった思い出があって、流れるプールやエルドラド・・・大好きでした。
亡くなったおばあちゃんとの一番鮮明な思い出の象徴です。
テレビでサヨナラとしまえんと特集していて、あの回転木馬を皆涙ぐみながら乗っていて、ああわたしも最後に乗りたかった、、、と思いながら、とてもさみしくせつない気持ちになりました。
思い出の象徴・・・思い出が胸をしめつける、思い出が僕の心を殺してしまう・・・・A Saudade mata a genteという曲がありましたね。

さて
ライブをやらなくなってからもうずいぶん経ちました。
なんだかんだ演奏活動を始めてから、こんなに人様の前で演奏しなかった時間はなかったかな。。
みなさんと音楽を共有できる時間、空間、思い。。とても愛しいもの。
もう少し、わたしは待とうと思っています。

今はYoutubeチャンネルづくりをコツコツしています。
でもやりながらもう自己満足の世界で、、、
自分の好きな曲だけを集めて、好きなように演奏して、好きなグランドピアノで、その時の気持ちのままに一曲ずつとりためて。
あまり音自体を作ることはしていませんが、今の自分のそのままの記録として残してみてます。
そうすると選曲がまた楽しくなったり、いろいろな場所のグランドピアノに触れるのも楽しみで、
なにより、クラシックピアノを何十年ぶりかに再開したので、そちらも載せていて、もう夢中で練習しています。
なんだか前よりもピアノ中心の生活になりました。

コンテンツとしては
・ボサノヴァ
・サンバ・カンソン
・ボレロ
・クラシック
・セルジオ・アウグストとの共演
に分けて記録しています。
定期的に載せていくので、どうかご覧になってくださいませ。


ちらっと今日の一曲。
シューマンのトロイメライ。
みなさまゆっくりした日々をお過ごしください。







posted by みい at 16:58| つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月28日

HPが出来ました!

緊急事態宣言が全国的に解除され、道行く人も増えてきました。
また、変わろうと、変わってゆきますね
どうか引き続き、安全を大切に・・・わたしもがんばります。

今日はご報告。
わたしのホームページが出来ました。
https://www.mikiko-saiki.com/

こちらは何を隠そう、あのVerve Nakajimaさんにデザイン、作成していただいたのでした。
バーブさんは尊敬すべき良い友達、2枚めのアルバムBossa Classicaのレコ発ライブも軽井沢cariocaで一緒にやりました。
彼はジョアン・ジルベルトひとすじ、真摯に向き合っていて、いつも本音で自分を貫いて生きてる人。
音楽だけじゃなくとてもすばらしい感性の持ち主で、彼が作成するフライヤーもいつもため息が出るほど素晴らしくって。
彼のHPが完成したのを見た時思わず素敵!!と感激を伝えたら、みいちゃんのも作ってあげるよって・・・!!(笑)
わたしは全然そういう才能がないので、これはもう、ぜひっとお願いして。
そこからはテキパキと共同作業、あっという間に出来上がったのでした。
うれしいなあ。バーブさん、ほんとうにありがとうございました。

バーブさんのHPはこちら
https://joaogilberto1931.wixsite.com/verve-and-lily-hp

ぜひぜひご覧くださいませ。

そして、ここ最近でYoutubeも何曲かアップしています。
今までの3枚のアルバムから一曲ずつ・・・セルジオ・アウグストさんとのデュオ、わたしのソロ弾き語り、そして、ギター須古典明さんと、一昨年お亡くなりになられたテナーサックスの鈴木雅之さんとのトリオ。。。
多田重文さんとのデュオ、わたしのピアノソロ、、、いろいろあります。
手前味噌ですが、自分の好きな良い曲ばかり集めたなぁ〜と、自分のもの以外にもお気に入りの曲やアーティストの音源を集めていったり、Youtube楽しいですね!
こちらもぜひご覧くださいませ。
https://www.youtube.com/channel/UCrHGR1QUI05bWtJDRnQP3hg/


それではどうぞみなさま、お身体にお気をつけて!

posted by みい at 16:38| つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする